PWブログ

イタリアから02

イタリアから

ピッツェリアの顔となるピザ釜の搬入。

スライムのように可愛らしいフォルムの釜は、
イタリア製でマリオ・アクント社の「ヴォルカーノ」です。

イタリアから01

半地下のお店なので、ラフタークレーンという
大きな重機車で2トンの釜を運びます。

道路を通行止めにしなきゃいけないので、工事は深夜です。
その後、線路のようなレールに乗せて所定の位置まで。

イタリアから02

まだ完成ではなく、釜に含まれている水分を乾燥させる為、
2週間かけて少しづつ薪で空炊きををしていきます。

ピザが焼けるのはまだ先です。
美味しいピザを期待して残りの工事を頑張ります!

take ☆

copyright(c) PLUS WORKS. all rights reserved.